トップ

お花見幹事の極意

お花見の幹事を任されたら

花見の幹事を任された時の準備

お花見の幹事にとって大切なのは、スケジューリングとみんなに楽しい時間を過ごしてもらうための心得を持っておくことです。

スケジューリングとしては、まずは開花予想をチェックすることが先決です。開花予想日が分かったら、お花見の宴会日程を決めます。
そして、宴会の数日前から前日にかけて、役割分担を確認します。場所取りをする人は場所の再確認、食べ物や飲料を調達する人は準備ができているか、きちんと確認しておきましょう。

当日は、場所取りなどの担当者がそれぞれの役割をこなし、宴会が始まります。そして、お開きになったら、ゴミは各自で持ち帰るなど、マナーを守ったお花見を行いましょう。
さらに、チェックしておきたいのが、二次会の会場です。お花見の参加者はお酒もまわって良い気分でいます。

だからこそ、二次会の会場選びは力を抜いてはいけません。そのために参考すべき、できる幹事のための宴会場ならこちらがおすすめです。

・日取りと場所取りは最優先事項
お花見を成功させるか否かは、日取り選びと場所取りがポイント。この2点をきっちりしておけば、充実したお花見にすることができます。
より多くの参加者が集まって、美しい桜を見ながら、お酒や会話が楽しめる場所を見つけてくださいね。

・マーケティングを活かして人を集めよう
ところで、お花見を成功させるなら、大勢の参加者に参加してもらうことがキーになります。まずは、人脈を持っているコアメンバーを確定して声をかけましょう。コアメンバーの参加が確定したら、SNSなどを利用して、イベントをシェアしてもらいます。

さらに、呼びかけたいのが、グループ内のイケメンや美女!その人たちと一緒にお花見をしたいということで、より多くの人が集まってきます。