トップ / 場所取りの際のポイント

お花見幹事の極意

場所取りの際のポイント

絶好の場所をゲットするために

お花見と言えば、肝心なポイントが場所とりです。せっかく幹事をするなら、みんなが喜ぶ絶好の場所を確保したいもの。名所と言われる場所は、当日朝早くからみんなが場所取りを行っています。そこで活用したいのが、できる幹事のテクニック!

・下見をするなら同じ時間帯に!
幹事として、必ずしておきたいのが、お花見会場の下見です。タイミングとしては、お花見をする時間帯と同じ時間帯を狙って下見をします。
同時刻に行うことで、どれくらいの人が集まるのか、どのあたりが混むのかなどを調べることができます。

そして、気になるポイントがあれば、その場所に実際に行ってみて、座り心地や景色などを確かめるのも忘れないようにしましょう。

・混んでいる場所は会場の変更も視野に
実際に下見に行ってみると、思いのほか人が集まっていて、当日の場所取りが難しそうな場合もあります。

そんな時のことも考えて、あらかじめ宴会会場の候補地を2,3か所調べておきましょう。そうすることで、当日事情変更で1つの候補地が使えなくても、他の候補地でお花見をすることができますよ。

・場所選びのポイントは駅からのアクセスとともに、トイレの場所も要チェック
たくさんの人に参加してもらいたいなら、やはり駅からより近い方がおすすめです。また、お酒が入ると、トイレが近くなりますよね。そこで、出来ることならトイレが程よく近い場所をお勧めします。あまりに近すぎると、臭いがする場合もあるので、注意しておきましょう。

・人気の場所は前日からゲット
最近は、ネットなどでお花見スポットを検索するのも簡単にできるようになりました。だからこそ、人気のスポットにはたくさんの人が集まってきます。

そのため、当日の場所取りでは間に合わないことも。人気スポットでお花見をしたいなら、前日からそこへ行って、前の宴会の人たちが終わり次第シートを広げるなど、出来る限り早くに場所とりを行っておくべきです。